大阪府で「建設業許可」取りたいを応援します|濱元行政書士事務所大阪府で「建設業許可」取りたいを応援します|濱元行政書士事務所

大阪府 建設業許可申請代行 濱元行政書士事務所

建設業許可の区分

元請けさんから「建設業許可を取るように」と要請されたり、

自社の規模拡大に建設業許可を取ることを決断した社長、

事業主さんがいます。

 

でも、

建設業許可を取得するには、

許可区分の

(イ)知事許可と大臣許可

(ロ)一般建設業と特定建設業

の組み合わせ考える必要があります。

 

つまり、

(a)知事許可の一般建設業

(b)知事許可の特定建設業

(c)大臣許可の一般建設業

(d)大臣許可の特定建設業

という4パターンのどちらかになります。

 

知事許可とは、1つの都道府県内にしか営業所がない場合です。

大臣許可とは、2つ以上の都道府県に営業所がある場合です。

 

特定建設業とは、自社が元請となり、下請けに出す金額が3,000万円

(※建築一式は4,500万円)以上の場合です。

下請けから孫請けに出す場合には、特定を取る必要はありません。

一般建設業とは、特定建設業以外となります。

下請けの場合は、一般建設業を取ることになるでしょう。

 

建設業許可のご相談があったとき、

まずは許可区分の4パターンについて聞くことから始まります。

 

あとは、許可業種は28業種ありますので、

1業種なのか、複数業種で許可を取るのか、

といった組み合わせも確認することになります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ